中学生の勉強における親の関与の方法について

中学生の勉強における親の関与の方法について 勉強について

中学生の勉強において親の関与は非常に大きなポイントを占めると思います。いかに今の中学生が大人びているといってもまだまだ子供です。

中学生の勉強のレベルは高いにもかかわらず自立精神がないままではマスターすることができません。それだけに親の関与が必要になってくるわけです。

ではどのような形で親の関与をすることが子供のためになるのかいくつか考えてみたいと思います。

勉強場所について

最近の調査では子供自身の部屋で勉強するのではなくリビングやダイニングで親の関与がある中で勉強する方が成果が上がると言われています。

仮に親の勉強を教えることができなかったとしても、子供とコミュニケーションをとりながら勉強している様を親がチェックする事は非常に重要なことです。

場合によっては自分の子供がどこで行き詰まっているのか、どのレベルまで理解しているのかをチェックすることにつながるからです。

子供の適性を見定めるために関与する

中学生の勉強方法として塾や家庭教師、通信教育に頼ることなく自分自身で勉強すべきか、または前述の通り外部に頼って学力のアップに勤めるかが大きなポイントになります。

実際に親が介入することによって子供の適性を見定めることでその手法を定めることが大きなポイントになります。例えば、自分自身で目標や期限を決めてできない子供に対して、ある程度自由度が認められる通信教育を進める事は間違いでしょう。

自分自身の学力に合わせて縛られる塾や家庭教師の方が適しているといえます。また、競争心が旺盛な子供に対してはさらにその学力を伸ばすためにいろいろなライバルと競うことができる塾に通わすことが良いと判断されます。

以上のように子供の適性を的確に見極めて勉強に向かわせることが親にとって大きな役割になります。そのためには親の関与は非常に重要だと言えるのではないでしょうか。

志望校の決定について

中学生の勉強において最終目標は高校受験、または進路を決めることにあります。自我をしっかり持った子供であればまだしも、ほとんどの中学生は自分自身がどのような道にすれば良いか判断しかねることがほとんどです。

そんな時に偏差値だけで志望校を決めるのではなく、将来的に勉強したい学会やコースがあるのか、大学まで一環で進むことができる学校が良いのかなど親がしっかりと見てあげる必要があると思います。

子供の意見をしっかりと引き出しながらも親の立場で子供がどのような進路に進むべきか、しっかりとアドバイスをしてあげることが重要です。

まとめ

以上のように中学生の勉強に関しては親の関与度合いは非常に大きくなります。

子供自身がどのようなスタイルで勉強すれば良いのか、さらには受験をするにあたってどのような進路を選ぶべきか、または進路の選び方など親がきちんと関与をしなければいけません。

しかしながら、ここで忘れてはならないのはあくまでも主役は子供であって親が主体的に決める事は間違っていると言うことです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました