中学生の勉強で結果が出ないときに試してみたいこと

中学生の勉強で結果が出ないときに試してみたいこと 勉強について

中学生の勉強は高校や大学で学ぶことの基本となります。

もちろん学力だけが全てではありませんが社会に出てからも中学生の勉強が理解できないようでは一定レベルの仕事を論理的に構築しながら進めることができなくなります。

だからこそ中学生の勉強で結果が出ないと言うときには諦めずに対策をとりながら取り組むことが重要になります。

具体的に中学生の勉強で結果が出ないときの心構えや取り組み方法をお伝えしていきたいと思います。

結果が出ないときの親のスタンス

どうしても中学生の勉強で結果が出ないと子供たちがその科目に対して嫌気を刺したり、勉強そのものを嫌がる可能性が出てきます。

親としては必要以上に子供の勉強に介入することが正しいとは言えないもののこのような事態に陥らないためにある程度は介入する必要があります。

実際に子供が勉強した成果が出ない、結果が出ないと悩んでいるときにどのような声をかけてあげるべきか具体的に挙げます。

まず、結果が出ないことをけなすのではなく、違ったアプローチで勉強してみてはどうかと言う声掛けをしてあげましょう。まずは記憶問題だけでも解けるようにしようとか、応用問題は諦めてもいいから最低限を解けるようにしようと言うアプローチで問題ないと思います。

勉強に興味を持たせる

中学生の勉強で結果が出ないからといってすぐに嫌いになってしまっては将来的に間違いなくマイナスになります。そこでなぜ勉強する必要があるのか、その科目を勉強することの意義を親の立場で教えてあげましょう。

例えば歴史の勉強であれば、先人の成功や過ちを深く学ぶことによって自分たちの未来に過ちを繰り返さないために勉強するんだよと言うことを教えてあげれば、多少結果が出ないからといって諦めることなく、興味を持って勉強してくれるようになるかもしれません。

また、理科については日本の有名な科学者がどのような実績を残してきてそれが医学の進歩につながっているのか、具体的な事例を用いてニュースを紹介してあげれば結果が出る出ないにかかわらず、勉強に興味を出すかもしれません。

決して他人と比較をしない

多少結果が出ないからといって頭ごなしに偏差値や順位といったところだけでけなすのは間違いです。科目によっても凹凸があるかもしれません。

それをしっかり見極めてあげ、まずは得意分野をさらに伸ばしていき、苦手な分野は平均点に持っていこうといったアドバイスを親の立場ですることが子供にとっては安心感につながります。

しかしながら、中学生の段階で極端な好き嫌いができるようでは将来的に不安になりますのであくまでも最低限のレベルが確保できると言うアプローチをしましょう。

まとめ

このように中学生の勉強には科目によって、または全体的に結果が出たりでなかったりすることがあります。

その時に子供のモチベーションを落とさずうまく誘導してあげることで勉強に嫌気がささないようにしてあげる、これが1番大事なポイントです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました