中学生が「勉強できない」という理由は?

中学生が「勉強できない」という理由は? 勉強について

中学生の勉強はとても難しいですよね。特に勉強が苦手なお子さんは勉強をすること自体拒否をしてしまうことも少なくありません。

では、勉強ができないお子さんがどうやったら点数が上がるかを紹介します。

やる気がなければ難しい

勉強をするときに大切なのは、「意欲」ですよね。どれだけお金をかけて良い塾に入れたとしても、本人の意欲がなければまったく意味がありません。お金をドブに落としてしまっていると言っても良いでしょう。

そこで、まず意欲を出させるためには、どうして勉強をしたくないかを知らなければいけません。子供でよくあるのは、「勉強が苦手だからやりたくない」「そもそも何をしたら良いか分からない」ですね。

もし、勉強が苦手というなら、まずは簡単な問題から解かせるようにしましょう。問題が解けないと苦手意識がついてしまい、ますます勉強が嫌いになってしまいます。ですので、簡単な問題から解かせて達成感を持たせることが大切です。

そして、何をしたら良いか分からないというお子さんには勉強のやり方を教えなければいけません。勉強のやり方がわからないなら市販の本を買ってきてやらせてみると良いでしょう。もし、塾を考えているなら子供が「勉強をしたい」と思ってからが大切です。

ただ、無理に勉強をさせても、塾に行っている間子供は勉強をしていないことが多く、ただ、通っているだけということなりかねません。ですので、子供が勉強をしたくないと思っているなら「何故したくないのか」を考えてあげることとが大切です。

勉強ができないと思っているなら

勉強ができないと思っているなら、それは間違いです。勉強がまったくできない子供はおらず、ただ、やっていないから勉強が出来ないのです。

勉強がトップレベルのお子さんは本当に何もやっていないと思っていますか?

まったくそんなことはありません。中には学校の授業だけで、高得点が取れるお子さんもいるかもしれませんが、それは本当にまれです。

ほとんどのお子さんはそれなりに努力をしているから良い点数が取れるのです。良い点数を取っているお子さんは学校の勉強以外に毎日勉強を1時間2時間やっている人も多いです。

勉強ができないお子さんはおそらく、そんなに勉強をしている人はいないでしょう。

努力しないで勉強が出来る子というのは、まずありません。それなりの勉強料をこなしているから勉強が出来るのですよ。

ですので、勉強できないのではなく「やっていない」ということを忘れないようにしましょう。

つまり、勉強のやる気さえあれば、点数をあげることができるのですよ。中学生の勉強の仕方を覚えて積極的に勉強をするようにしましょう。

まとめ

このように、勉強できないと思っているお子さんもたくさんいます。ですが、どの子にもいえることですが、勉強できないのではなく「しない」のです。

勉強が得意なお子さんは影で努力をしていますよ。

やはり、勉強の量に比例してテストの点数が上がるのです。中学生の勉強は大変ですが、やり方や勉強の楽しさを覚えて積極的に勉強をするようにしてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました